(共催)キャラメルボックス 2017グリーティングシアター 恩田陸原作「光の帝国」

hikarinoteikoku_flyer_スケジュールなし

↑ 画像をクリックすると動画CMがご覧いただけます。音楽「Bearcave」buddhistson

原作:恩田陸『大きな引き出し』(集英社『光の帝国』所収)
脚本・演出:成井豊

人気作家・恩田陸の常野物語シリーズ「光の帝国」に収録されている「大きな引き出し」の舞台化。2009年の上演で大好評を博した舞台をさらにパワーアップしてお届けします!

ストーリー:小学4年生の春田光紀には、読んだものを「しまう」力があった。古事記も枕草子も平家物語も、一度読んだだけで完璧に暗記できるのだ。実は、光紀の両親も、姉の記実子も、同じ能力を持っていた。が、それは家族だけの秘密。光紀には不満でならなかった。学校からの帰り道、『平家物語』を暗誦していると、一人の老人に話しかけられる。老人は猪狩義正という名の元医師で、光紀の暗誦ぶりを褒めた。が、光紀の両親は、その老人に二度と会うなと言う。光紀は激しく反発する…

開催日:2017年10月7日()18:00開演(17:30開場)
開催日:2017年10月8日()12:30開演(12:00開場)、16:00開演(15:30開場)
会場:たましんRISURUホール(立川市市民会館)大ホール
出演:関根翔太, 森めぐみ,鍛治本大樹,小林春世,毛塚陽介,金城あさみ,竹鼻優太
ゲスト:原口健太郎(劇団桟敷童子) ,家納ジュンコ

2017年、4回目の「グリーティング シアター」に向けて
 演劇集団キャラメルボックス 製作総指揮 加藤昌史
2017/05/11更新より抜粋

2014年『無伴奏ソナタ』(原作・オースン・スコット・カード)、2015年『水平線の歩き方』(成井豊オリジナル)、2016年『嵐になるまで待って』(成井豊オリジナル)、とお届けしてきた、「グリーティングシアター」と銘打った、キャラメルボックスの秋恒例「会いに行くツアー」。これまでの各上演地では大きな賞賛をいただき、4回目のツアー実施となりました。

今年の作品は、『光の帝国』。

この作品を今ツアーで上演しよう、という企画は2016年夏から準備していたのですが、その原作者である人気作家・恩田陸さんが、なんと今年になって『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、さらに第14回本屋大賞までをも受賞されました。この、全く性格が異なる二賞の同時受賞と「同作家二度目の本屋大賞受賞」は、史上初だそうです。特に二賞同時受賞に関しては、「直木賞受賞作品が売れるのはわかっている。それがわかっていた上で、さらにもっと読者にお勧めしたかった」という本屋大賞の審査員の言葉が印象的でした。

そんな「時の人」とも言うべき恩田陸さんの人気シリーズ「常野物語」の第1作に当たるのが今公演の原作である『光の帝国』です。私たちにとっても国内人気作家の作品の舞台化でツアーに出るのは初めてのこととなりますので、演劇ファンだけではなく、恩田ファン、読書好きの方々とも新しい出会いができるのでは、と楽しみにしております。

今作品は、キャラメルボックスでは2009年に初めて舞台化。その際は上演時間60分の「ハーフタイムシアター」として上演しました。しかし今回は、「常野」の不思議な一家の物語を掘り下げるため100分程度の本公演として作り直して上演致します。

キャストは、2016年の『嵐になるまで待って』で飛躍的に魅力を増大させた鍛治本大樹を中心とした溌剌としたメンバーを中心に構成しました。

主演は、千葉大学園芸学部出身、という異色の経歴を持つ2013年入団の関根翔太。初舞台以来、人なつっこい少年のような風貌と演技には定評があり、同期の女優・木村玲衣はすでに2015年の『時をかける少女』で主演を務めたこともあって主演作が待たれていたところでした。

関根が演じる主人公の姉を演じる森めぐみは、これまた静岡大学農学部出身、という異色な才媛。2009年入団ですが、本格的なヒロインは意外なことに今回が初めて。華奢な体には似合わない太く大きく豊かな声を活かした演技で、これまでのキャラメルボックスを支えてきました。

今回のツアーは、東京・足立区の北千住で初日を開け、西東京の立川市ほか8カ所を回ります。あなたの街でお目にかかれることを、楽しみにしております。


チケット発売日
ムーサ友の会先行発売日:7月31日(月)
一般発売日:8月5日()

発売日初日の受付時間 ●来館10:00~ ●電話予約13:00~

料 金:全席指定¥6,000
tomo¥5,500

※未就学児の入場不可。

tomo 「ムーサ友の会」割引料金/割引額です。1公演2枚まで割引適用となります。
taku × 有料簡易託児サービス。公演日の10日前までにお電話でお申し込みが必要です。定員になり次第締め切らせていただきます。満1歳以上の未就学児。お子様1名¥1,000
kurumaisu 車いすのままご鑑賞になることができるお席があります。詳しくはお問い合わせ下さい。
チケットのお求めは

■ たましんRISURUホール(立川市市民会館) 042-526-1311
窓口販売・電話予約 9:00~20:00
<発売初日のみ> 窓口販売 10:00~20:00  電話予約
13:00~20:00

※友の会発売は、7月31日(月)10:00からとなります。