「域密着型のコミュニティホテルとして、街の魅力を発信」

 1994年10月13日、立川北口の再開発により誕生した街と109のアートが一体となった「ファーレ立川」に、パレスホテル立川は開業した。
 
 結納、結婚式、七五三、入学、卒業、成人式などの祝い事、人生の節目となる様々なシーンで利用され、地域の人々や企業と共に歩んできた。
 
 ファーレ立川の歴史と共に歩み、今年で23周年を迎えるパレスホテル立川は、域密着型のコミュニティホテルとして地域の人々に愛されている。
 
 
ファーレ立川再開発事業竣工
ファーレ立川再開発事業竣工式の模様
 
 
ホテル開業テープカット1994年、パレスホテル立川、開業時のテープカットの模
 
 
 
 
 
発展を続ける街並みの中、「地域と共に」をモットーに
 
 駅前地区の基地跡再開発に伴って開業したパレスホテル立川。その周辺エリアは目覚ましく変化し、発展を続けている。
 
 
工事前の再開発地域
工事前の再開発地域
 
 
建設現場①
 
建設現場②
 
 
建設現場③ファーレ立川建築中の様子
 
 南北をつなぐ多摩都市モノレールが開通すると、2014年には「IKEA立川店」が、2015年には「ららぽーと立川立飛」がオープン。2016年には立川相互病院、大原学園、㈱壽屋など病院や企業も続々とこのエリアに集まり、2017年秋には立川最大級のアリーナが立飛駅西に、立川基地跡旧国有地には音楽ホールやホテル、オフィスビルとの大規模複合施設の開発も予定されている。

 急激に変化する街並みの中、パレスホテル立川は東京都丸の内にあるパレスホテル東京の伝統と格調高いおもてなしを受け継ぎながら、開業から今も「地域と共に」をモットーに、地元の多摩の人々に愛されるコミュニティホテルを目指してきた。
 
 
「地域と連携し、様々なイベントを企画」
 
 ホテルとしての営業業務以外にも、地域の団体や市民、大学などと共に様々な企画を積極的に行ってきた。

 地元小・中学校を対象にした社会科見学や、中学生の社会体験実習、学生を対象としたインターンシップの受入れなどの他、1Fロビーラウンジは国立音楽大学卒業生によるピアノ演奏や、立川の音楽イベント「立川いったい音楽まつり」の演奏場所として無償で提供している。
 
 
サロンコンサート(通常時)
 
サロンコンサート(開業20周年時)② 国立音楽大学卒業生 オペラ
 
サロンコンサート(開業15周年時)国立音楽大学生 男女混声合唱
 
サロンコンサート(開業20周年時)① 国立音楽大学卒業生 オペラオペラや混声合唱など行われているサロンコンサート
 

 
 
 夏休みの子ども向けに、パティシエ体験などができる「ホテル探検」や、家族向けの「テーブルマナー講座」など独自のイベント企画の他にも、地域メディアの「リビング多摩」や、近隣の大型商業施設「伊勢丹立川店」ともコラボし、様々なイベントを積極的に行ってきた。
 
パティシエ体験パティシエ体験の模様
 
料理セミナー
 料理セミナーの模様
 
 
 
「立川の魅力を伝えるための商品開発にも注力」
 
地元農家・近隣企業とのコラボ商品開発
 地元農家や近隣企業とコラボ開発した商品
 
 
 「ホテルを利用されるお客様に、少しでもこの地域の魅力を知ってほしい」と、地元生産品を使った商品開発、提供にも積極的だ。

 社内女性スタッフによる商品開発チームを立ち上げ、パティシエと協力しながら「立川産のはちみつ」を使用した商品開発にも挑戦。試作、失敗と試行錯誤の末、ケーキにした際に最も風味が生かされる天然はちみつを使用したロールケーキを開発。「立川を代表するお菓子になって欲しい」との願いで、「立川ロール」と名づけ、販売した。

 他にも立川産はちみつ入り「立川はちみつハイボール」や、多摩地区の酪農家が生産する東京牛乳を使った「多摩みるくダックワーズ」、国立薬膳カレーをブレンドしたオリジナルカレーなど、地元農家や近隣の企業とのコラボによる商品化も行なってきた。
地元野菜の直売(開業20周年時)

開業20周年時に行った地元野菜の直売会の模様
 
 
 中でも、ファーレ立川とのコラボ企画はおもしろい。ファーレ立川に点在するアート作品を模した、愛らしいスイーツを商品化し限定販売。ファーレ立川ガイドツアーとホテルの食事をセットにしたイベント協力や、宿泊カードキーも、ファーレ立川アートの109作品の写真がデザインされたものを採用している。
 
ファーレ立川アート コラボスイーツ①
 ファーレ立川アート コラボスイーツ②
ファーレ立川アートコラボスイーツ
 
 
 
「立川の文化を伝えていくのが、私どもの使命」
 
 ホテルなどの宿泊施設の他にも、デパート、映画館、音楽ホール、大型ショッピングモール、 スポーツ施設、行政機能、医療機関と、立川北口駅周辺に、都市機能がほぼ網羅される街が間もなく完成する。

 「立川は都市機能がコンパクトにまとまっているだけでなく、すぐそこには国内最大級の国営昭和記念公園の自然や、豊かな農地など、自然環境も豊かなある意味都心より利便性が高く、魅力溢れる街だと思う」と、パレスホテル立川営業企画の伊藤洋一郎さん。

 「このような好立地にある地域密着型の都市型コミュニティホテルとして、また文化・アートの街 ファーレ立川にあるホテルとして、今後も継続して文化・アートに関連するイベントを地域と連携していきたい。 立川の文化・アートを発信する役割の一端を担っていくことが、私どもの使命だと考えているんです」と話していた。

◆パレスホテル立川
立川市曙町2-40-15  
TEL.042-527-1111
FAX.042-527-5359
http://www.palace-t.co.jp
 
 
 
 
更新日 : 2017年 11月 21日(火)